転職関連知識

初めて転職する薬剤師が【”理想の職場”を手に入れる】ために知っておくべきポイント

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

今、転職しようか思い悩んでいる、薬剤師のあなた。

そして、転職の決心はついたものの、「転職活動の進め方」や「転職先の決め方」に漠然とした不安を覚えているというあなた。

安心してください。もう大丈夫です。

当サイトでは、転職に際して多くの薬剤師さんが感じる「本当に良い転職先を見つけられるかな。」「失敗してしまったりしないかな。」という不安を解消すべく、様々な事例やヒントをご紹介しています。

そしてまず、ここではそのような転職にまつわる迷いや不安について、どのように考えながら転職活動を進めていけば良いのかあなたが転職先選びに失敗することなく、理想的な職場を手に入れためには、どういったポイントを押さえておく必要があるのか、そんな観点から、ポイントを整理しておきたいと思います。

転職を成功させるためには、『必ず通るべき道』、『必ず知っておくべきポイント』というものがいくつか存在します。

転職を考え始めるきっかけは人それぞれ、千差万別ですが、その一方で、転職を成功へと導く、すなわち、今あなたが抱えている職場での問題を解消することができる次の職場、そんな「理想の職場」を見つけ出すために押さえておくべきポイントというのは、転職を目指すきっかけに関わらず同じです。

そしてもし、それらを知らずして、むやみやたらに転職活動を進めてしまえば、転職後になって「初動でしっかりと考えて行動できてさえいれば。」と後悔することになったり、その後何度も転職を繰り返すことになってしまったりと、”時すでに遅し” といった事態に陥ってしまいかねません。

したがって、「とりあえず、適当な転職サイトに登録してみようかな。」というような、”なんとなく” の感覚で転職活動を開始しているという人も、ここで一度ひと呼吸し、この記事に目を通し、改めて頭の中を整理していっていただけたらと思います。

当サイト【ファーマン】では、『薬剤師さんの転職に関する悩みや不安を全て解消する』という目標を掲げ、日々、お役立ち情報の収集とそのまとめ記事の執筆に精を出していますが、今回取り上げるのは、特にその初期段階において知っておいてもらいたいポイントです。

「まだ転職を決めたわけじゃないけど。」そんな方でも、「仕事に行くのがつらい。」「もっと良い職場があるんじゃないか。」そう感じることがあるならば、何かしらのヒントを持ち帰っていただくことができるはずですので、是非最後までご覧いただけたら嬉しいです。

それではさっそく見ていきましょう。

初めて転職する薬剤師が知っておくべきポイント

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

あなたが転職後、「ああ、この職場を選んで本当に良かった。」「思い切って転職した甲斐があった。」そう思えるような転職を成し遂げるために、転職活動を始める段階でやっておくべきこと。それが、

  • 「転職理由」を明確にし自分で再認識しておく
  • 「転職サイトの重要性」を理解する
  • 「”自分に合った”転職サイト」を選択する
  • 「転職サイト」をうまく使いこなす
  • 転職活動における「テクニック」を身に付ける

これらのポイントです。

こうした意識を持ち、行動をとっていくことで、”失敗しない” 転職活動を実現することが可能になるのです。

今の職場に不満があるからと、「ただ闇雲に次の職場を探す。」そんな進め方だけは決してしてはいけません。

「何度も何度も転職を繰り返してしまう」というような ”不幸な顛末” を迎えてしまわないためにも、できるだけ早い段階で、こうしたポイントをしっかりと押さえた、理想の職場を手に入れることのできる ”正しい転職活動” を行っていくようにしてください。

それでは、以下、各ポイントについて詳しく見ていく事にしましょう。

自分の「転職理由」をあらかじめ明確にし再認識しておく

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

これは、転職活動において次の職場を決めていく際の自分の軸となる部分をブラさないために、最初に取り掛かるべきことであり、最も大切なポイントと言っても過言ではありません。

今後、様々な要因によって、転職活動が少しずつ長引いていってしまったり、転職候補先企業が提示する条件にいくつも触れていく中で、気持ちが揺れ始める人が出て来ます。

つまり、一番初めに「転職しよう。」と思い立った時の気持ちが段々と薄らいでいってしまう、または、転職の目的や自分が本当に叶えたかったことを見失ってしまうといったことが起こってくるのです。

もしもそうなってしまった場合、まず間違いなく、その転職は失敗します

これは、典型的な「転職を繰り返す」ことになってしまうパターンです。

具体例で考えてみたいと思います。

例えば、職場での人間関係に悩んで転職を決意したとします。

そして転職活動を進めて行くうちに、魅力的な ”年収” を提示してくれる候補先が現れたとしましょう。

さらに、他にも何件か同じような年収レベル(良い条件) の条件の提示があった場合、もうその「年収」という条件にしか目がいかなくなってしまう人が出て来てしまうのです。

そして、最悪の場合には、「人間関係は自分が我慢すれば良いことだし、なんとかなるでしょ。」とか、「ダメならまた転職してしまえば良いことだし。」などと、半ば強制的に自分を言いくるめてしまい、その年収アップとなる職場への転職を決めてしまうのです。

その結果どうなるか。もはや、言わずもがなですが、転職を決意したきっかけであったはずの ”人間関係” という部分を見定めようともせずに決めた転職先で、また人間関係の問題に悩まされ、すぐに再度転職を検討し始めなければいけない事態に陥ってしまうのです。

他にも、転職サイトのキャリアドバイザー等の担当者から言われるがままに、転職先を判断してしまうという人も問題です。

この場合も、自分の ”初志” が抜けてしまった状態での判断という意味においては同じことで、当初の転職目的を見失ってしまっていますので、同じように転職を繰り返すという事態に陥ってしまいかねません。(詳細は後述)

もちろん、転職サイトの担当者(キャリアアドバイザーやコンサルタントと呼ばれる人たち) というのは、いわば ”転職のプロ” です。多くの薬剤師さんたちに接する中で、あなたに対しても「この人にはこういった先が良さそうだな。」「この人にはこういう事例を紹介して判断してもらった方が失敗がなさそうだな。」そんな風に転職活動をサポートしてくれ、あなたが正しい判断をすることができるように導いてくれるでしょう。

ただ、そうであっても、決して ”任せきり” や、”なすがまま” 状態にはなってしまってはいけないのです。

あくまでも、自分の頭で考え、しっかりと ”初志貫徹” の姿勢を貫くということが、転職を成功させるためには何より重要なことなのです。

したがって、そのような最悪の事態に陥ってしまわないためにも、自分の「転職理由」、つまりは「自分が最初に転職しようと思い始めた ”理由・きっかけ” について、あらかじめ明確にし、自分自身で再認識しておくということがとても大切になってくるのです。

なお、この点については、「今の職場は気に入ってはいるものの、家族の事情等で転居を伴うために転職が必要となった。」というケースにおいても、同じことが言えます。

そうした場合には、「”改善したい” 条件」ではなく、「”次の職場にも求めたい” 条件」ということにはなりますが、それまでの職場で気に入っていた部分というものを、「あの職場が居心地が良かったのはなんでだろう。」という観点から改めて整理し再認識しておくことで、次の転職先で思わぬミスマッチを引き起こしてしまうリスクを軽減することができるようになります。

転職活動を始めるにあたっては、まずは今の職場に自分が抱いている不平不満、そして次の職場に求めたい条件というものを明確にし、自分の中での転職活動中の判断基準の”軸”となるものとして確立させておくようにしてください。

「『転職サイト』の重要性」を理解する

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

転職を検討し始め、少しでも情報収集などを始めているという方であれば既にお気付きかとは思いますが、今や転職活動というのは「転職サイトの活用」なしでは考えられません

先に申し上げておきましょう。

『転職サイト』を軽い気持ちで利用してはいけません

現代の転職市場においては、この『転職サイト』をうまく使いこなすことができるかどうかが、転職を成功させられるかどうかの勝負の分かれ目となってきているからです。

つまり、就職や転職に際して、これまで以上にその重要性が増してきているもの、それが他でもない『転職サイト』なのです。

一見当たり前のように聞こえてしまうかもしれませんが、まずはこのことを改めて認識しておく必要があります。

これは ”転職” のみならず、”就職” でも同じことが言えるのですが、今や誰もがまずインターネット上で情報を探し求めます。そしてそれらの情報を頼りに、様々な行動へと繋げていくというのが転職活動の標準的なスタイルとなっていることは誰も否定はできないでしょう。

さらに、これは就職や転職を目指す求職者側だけでなく、自社に有能な人材を取り込みたいと考えている企業や医療機関などの方からしてみても同じことが言えます。

企業や医療機関などが、採用活動の最重要課題として捉えているものこそ、この ”「転職サイト」の有効活用” なのです。

「(行きたい会社に)採用されたい側」にとっても、「(薬剤師を)採用したい側」にとっても、就職・転職に関わる全ての要素が集中するプラットフォーム、それが「転職サイト」となっているのです。

もちろん、薬剤師さんによっては、自分の周りにいる身近な人の紹介などによって、直接転職を果たすといった場合も考えられなくはないですが、基本的にはそのほとんどが転職サイトを介した転職であるというのが現実です。

したがって、まずはこうした現状、「『転職サイト』を有効活用できるかどうかが、あなたが転職を成功させられるか否かのカギ」だということを改めて認識しておく必要があるのです。

では、改めてそうした現状を踏まえた上で、これから転職しようとする薬剤師として具体的にすべきこととは一体どんなことでしょうか。

実際に転職活動を進めていこうとする薬剤師さんが、転職サイトをうまく使いこなしていくためにすべきことは、大きく2つ。

  1. 自分に合った転職サイトをしっかりと見極める
  2. 転職サイトの正しい”活かし方”を知る

まずはこの2点を意識しておくことで、”初動でのミス”を防ぐことができます。

初動を間違えてしまい、その後ズルズルと自分の居場所が解らなくなってしまう薬剤師さんというのは意外に多く、私自身も何人ものそういった状況に陥ってしまった薬剤師さんたちを目の当たりにしてきています。

ですので、ここがまず最初の ”転職に失敗しないために大切なポイント” であるということを意識して、この先へ進んで行きましょう。

自分に合った『転職サイト』をしっかりと見極める

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

転職活動における『転職サイト』の重要性、その役割の大きさを再認識していただいた所で、まず初めにあなたがすべきこと、それが「自分が求める条件を満たす職場を的確に紹介してくれる転職サイトを見極める」ということです。

今、薬剤師の転職市場には、数多くの転職サイトが存在しています。

これも転職についていろいろと調べた経験のある人であれば既にご存知かとは思いますが、その状況はネットでの検索結果などを見れば一目瞭然です。( 本当に”使える”転職サイトについては、「【保存版】おすすめの薬剤師転職サイト【転職理由別・希望職種別】選び方」も併せて参考に )

ただし、そんな数多(あまた) ある転職サイトの中でも、ファーマンが本当にお勧めできるものというのは、ほんの一握りです。

当然のことながら、各転職サイトにはそれぞれの特徴や強みといったものがあり、全ての薬剤師さんにそれがあてはまるというものでもありません。

したがって、ここでのポイントは、

「”自分に合った”『転職サイト』」を見極める

ということです。

この ”自分に合った” という部分が非常に大切なのです。

先の例でいうと、人間関係の悩みを抱えた薬剤師さんが転職でその悩みを解消しようとしているというのなら、候補先企業の社風や社内の雰囲気などに精通したエージェントのいる転職サイトを利用するのがベストということになりますし、年収アップを目指したいということであれば、候補先企業の給与・人事制度やこれまでの実績などを把握できている転職サイトを利用するというのが最も理想的な選択となるわけです。

『転職サイト』の選び方

【保存版】おすすめの薬剤師転職サイト【転職理由別・希望職種別】選び方
【保存版】おすすめの薬剤師転職サイト【転職理由別・希望職種別】選び方

転職を考える際、今やほとんどの人が利用する『転職サイト』。 ただ、この転職サイトというのは、転職に関する情報収集ができたり、実際の転職活動に際して様々な形でサポートを受けられるなど、本当にありがたい・ ...

続きを見る

「あなたがどの転職サイトを利用するかによって、あなたの転職の成功確率が変わってくる。」そう言ってしまったとしても、決して大袈裟ではないでしょう。

それぐらいに「転職サイト選び」というのは重要です。

「どのサイトもそんなに大きく違わなそうだけど。」

「名前を聞いたことがあるような大手サイトを使ってさえいればまず問題ないでしょう。」

今はそう感じられるかもしれませんが、今後いくつかの転職サイト、そして転職エージェントと接していく中で、あなたもその事実にすぐに気が付くことができるでしょう。

もう一度言います。

まず初めに、初動としてとてもとても大切な事、それが「あなたの転職の成功確率を上げてくれる転職サイトを見極める」ということです。

『転職サイト』の正しい”活かし方”

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

あなたが使うべき転職サイトが決まれば、あとはそれを使いこなしていかなければなりません

転職サイトの選び方については、こちらの記事なども参考に。

【徹底比較】パッと見てわかる!あなたが使うべき薬剤師転職サイトランキング【決定版】

「薬剤師向けの転職サイトってたくさんあるけど、結局どれを選べば良いの?」 「どの転職サイトに登録するか決めたいけど、今ひとつ違いがよく解らない。」 「今使っている転職サイトより、他のサイトの方が良いの ...

続きを見る

基本的には、それぞれの転職サイトの特徴をしっかりと把握した上で、自分に最適な転職サイトを見極め、登録を済ますことができた段階で、もうあなたがすべきことはほとんどないと言ってしまっても良いぐらいではあるのですが、その後唯一あなた自身がやるべきことというのが、転職サイトのエージェント(担当者) を適正に評価するということです。

つまり、転職サイトの善し悪しをうまく見極められたとしても、その先にある実際のやり取りの部分を担う事になる「あなたを担当してくれるキャリアアドバイザー」が頼りない人であっては、何も意味がありませんので、そこの部分に関しても、適宜修正を図っていく必要があるわけです。

その時に大切な事、それは「遠慮は禁物」という意識です。

「無料でサービスを使わせてもらってるわけだし。」とか、「自分のために色々と動いてくれているのは解るから。」などということを気にし過ぎてはいけません。

もしもあなたが、自分の担当者に問題があると感じたならば、なるべく早い段階でそれを改善してもらうように促すか、それでも一向に改善が見られない状態なのであれば、最悪、担当者を変えてもらいましょう。

転職サイトの運営者側も、あくまで ”ビジネス” として、「あなた」および「求人を出す企業」とお付き合いしています。

転職サイト側は、あなたと転職先企業の双方に満足してもらい、実際に転職が成立して初めて収益が得られる報酬体系となっているわけですので、本来ならば、あなたが理想の職場を見つけるという事自体が、Win-Winの関係となるはずなのです。

しかし、それにもかかわらず、転職サイトのエージェントが、あなたに対してあからさまに不躾な態度を取ってきたり、転職先に対してあなた自身がネガティブな人材であるかのような印象を与えかねない行為を働いていた場合、やはりあなたにはその担当者を変更してもらう権利があるわけです。

初めて転職する薬剤師が【”理想の職場”を手に入れる】ために知っておくべきポイント

ただしそうは言っても、転職サイト側の担当者と言えども、相手も人間ですので、細かなミスや手違い等が全く起こらないというわけではありませんし、もしもあなたが必要以上に高圧的な態度を取り、何かにつけて上から目線で指示したりクレームをつけるようなことをしていると、それは ”逆もしかり” で、転職サイト側があなたのことを嫌がり、良い案件を紹介しようという気にもならなくなってしまうでしょう。

したがって、ヒトとして尊重し合いながら、いわばあなたの理想の転職先を探すために”協力してもらう”という姿勢で臨み、感謝の気持ちを忘れないでいれば、エージェントからしても「(あなたに対して) この人のためにしっかり良い転職先を見つけてこよう。」と考えられるようになるわけですので、あくまでも ”真摯に向き合う” という姿勢が大前提であるという点は念の為お伝えしておきます。

また、この記事の前半でも少しお話しましたが、逆に転職サイトの言いなり状態になってしまってもいけません

これも意外と多く見受けられるケースでもあるのですが、当然のことながら、あらかじめ自分の中でも明確にしておいた「転職理由」というものを軸に、転職先で新たなミスマッチが発生してしまわないための条件に関しては、はっきりと担当者に伝えておかなければならないのです。

「自分のために動いてくれる転職サイトの担当者には敬意を払いつつ、一方で、自分の意思ははっきりと示していく」、そんな姿勢が求められるところです。

そのあたりの ”振舞い方” や ”うまい使いこなし方” に関して詳しくは、以下の記事にもまとめてありますので、気になる方は併せてご覧いただけたらと思います。

転職活動で必要となる「テクニック」をおさえておく

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

さて、転職サイトのキャリアアドバイザーとのやり取りもスムーズにできるようになり、どこかのタイミングで運よく自分が理想とする条件を満たしていそうな企業なり医療機関等を見つける事ができたとしましょう。

そうなると次に、実際の転職に向けた選考過程へと進む段階に入ってきます。

どんな転職先であれ、基本的には「書類選考」と「面接」を行うというのが一般的ですので、この2つについては漏れの無いように、あらかじめしっかりと対策を講じておかなければなりません。

書類選考に関しては、基本に忠実に履歴書等を作成し、アドバイザーにも相談しつつ、自分のアピールポイントをしっかりと記していくようにします。

そして、面接に関しては、特に苦手意識のある方などは、事前に練習を行うなどしておいた方が良い場合もあるかと思います。

日頃から他人とコミュニケーションを図ることが苦手だという人や、面接となるとどうしても緊張してしまうという様な人に関しては、面接の場で本来のあなたの良さが見せられないという事態を回避すべく、エージェントを面接官に見立てるなどして練習を積んでから本番に挑むということも考えておくべきでしょう。

面接対応に関しては、エージェントごとに同行してくれる場合とそうでない場合に分かれますので、面接に不安があるという方は、そういったフォローの手厚さといった面も判断基準としながら転職サイトを選択するのも良いのではないかと思います。

面接の場においては、先方からの質問に受け答えする形を基本として、能動的に仕事に対する熱意や転職理由といった部分について述べるといったことが必要となってくるかと思いますが、その目的はあくまでも相手(転職候補先企業) に「この人を採用したい。」と思わせるという事です。

したがって、相手先企業の求める人材像や事業の内容、経営方針などについてあらかじめ予習をするなどして、自分がそれに見合った人材であるということをしっかりとアピールできる準備を整えておくようにしましょう。

「相手(転職先企業) が知りたいであろうポイントについて解り易く説明する」と同時に、「そこ(転職先企業) に入社させていただいた暁には、しっかりと職責を果たせるよう前向きに仕事に取り組んで行く」という姿勢を示すことができれば完璧です。

転職後

初めて転職する薬剤師が理想の職場を手に入れるために知っておくべきポイント

見事、入社試験に合格できれば、晴れて転職成功です!

おめでとうございます!

新たな職場に期待と不安を膨らませつつ、業務に早く慣れられるようにと一生懸命働いていく事になるわけですが、実際にはまだこの段階では完全に安心することはできません。

「入社後、(組織の) 内側からでなければ見えてこない部分」というものも、大なり小なり出てくることがあるからです。

では、もしまたその後になって、新たな問題が生じてきてしまったらどうするか。「転職したい」という気持ちが強くなってきてしまったらどうするか。

転職時のイメージとは違うと感じる部分が日に日に大きくなってきてしまったり、当初存在していた制度など、自分が転職の決め手としていたものが失われてしまったりした場合、さらには「キャリアチャレンジ」を志し、また新たなフィールドへと進んでみたいと思うようになった時などなど、再度転職を検討し始めた時には、どう動いていくのが良いのでしょうか。

その時はまた、今回ご紹介した一連の流れに沿って、丁寧に転職活動を進めていくより他、方法はありません

転職活動の正しいやり方というのは、今回ご紹介したような方法に沿って、丁寧にやるべきことを積み上げていくという方法以外にはないのです。

結果として転職先で何度となく新たな問題にぶつかってしまう様な事態になったとしても、やはりそこは基本に忠実に、そして自分の気持ちに正直に、愚直に物事を整理しつつ、必ず理想の職場が見つけられると信じて、進んでいくしかありません

ただしその時は、初めての転職活動とは大きく異なる点が1つあります。

それは、言うまでもなく、あなたが「転職経験者」となっているということです。

その辺りのことについては、今はまだ考える必要はありませんが、気になる方、また、2回目の転職を実際に検討しているという方は、以下の記事も併せてご覧いただけたらと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。この記事が役に立ったと思ったら、下記リンクより是非シェアもよろしくお願いします!

シェアしていただいた方、ありがとうございました!

© 2022 薬剤師転職の味方・ファーマン