転職関連知識

転職経験のある薬剤師が次の転職を成功へ導くために押さえておくべきポイント

転職経験のある薬剤師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

今までに1度でも転職の経験があり、今また次の転職を考えているという薬剤師さんが、その転職活動において押さえておくべきポイントとは一体どのようなものでしょう。

  • 「初めての転職の時とは違って、何か準備しておかなきゃいけないことがあったりするのかな。」
  • 「やっぱり2回以上の転職となると、企業や医療施設の印象は悪くなってしまうのかな。」
  • 「どうすれば本当に自分に合った職場と出会えるの。」

などなど、転職の回数が重なってくると、初めての転職の時以上にいろいろな事が気になるのではないかと思います。

そこで今回は、そんな ”転職経験者”、つまり次の転職が ”2回目以上” となる薬剤師さんへ向けて、その転職活動において「知っておいた方が良いポイント」そして「転職活動を進めていくにあたっての注意点」などをお話していきたいと思います。

「転職の数だけ理由がある」、そう言われる程に様々な背景を抱えた皆さんであっても、転職を成功させるためにすべきこと、本質的に大切なことというのは何ら違いはありません

今回ご紹介する内容をしっかりと理解し、一つずつステップを踏んでいく事で、あなたも必ず理想の職場を手に入れる事ができるようになります

1度や2度、さらに複数回にわたって「転職に失敗してしまった。」と感じてしまっている人であったとしても、押さえるべきポイントをきちんとクリアできてさえいれば、近い将来必ず理想の職場にたどり着くことができるでしょう。

希望を捨てず、今から一歩ずつ前進してください。

それではさっそく確認していきたいと思います。

結局は『転職サイト』が”要”

転職経験のある薬剤師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

何度目の転職であろうとも、やはり転職サイトの活用の仕方がキーポイントとなるという点においては、初めての転職の時と全く同じです。

まずはこのことを再認識する所から始めていきましょう。

「初めて転職する薬剤師が【”理想の職場”を手に入れる】ために知っておくべきポイント」でもお話ししている通り、結局のところ、今の薬剤師の転職市場における人材の供給網に関する全ての情報やノウハウというものは、この『転職サイト』を中心に形成されていて、このことは誰も否定しようのない厳然たる事実となっているのです。

そして、これまでどのような理由で転職回数を重ねてきたにせよ、まずは今のあなたが次の転職先に求める条件を明確にし、その条件に関する事情に精通した転職サイト・エージェントを見極めること、さらにはその転職サイトをうまく活用していくことでのみ、あなたの理想とする転職先へとたどり着くことができるようになるのです。

ここで言う「あなたが転職先に求める条件に関する事情に精通する」というのは、例えば、仕事のやりがいを求めたいのであれば、転職先の業務内容や実際の働き方、年収アップを実現したいのであれば、転職先の給与事情や人事制度、働き方の柔軟性を求めたいのであれば、転職先の就業規則や社風というように、あなたが重視したい項目をその転職サイトやエージェントがどれだけ把握することができているかということを指しています。

したがって、たとえ2回目以降の転職であったとしても、初めて転職した時と同じように、やはりまずはこの「転職サイトの存在価値の大きさ」、そしてその「重要性」を改めて再認識するという所からスタートしていくことが、あなたが次の転職を成功させるための近道となってきます。

非常に大切なことですので、もう一度だけ言っておきたいと思います。

これはファーマンの考え方としてあなたにお伝えしておきたいといった類の話ではなく、 ”事実” としてまず頭に置いておいていただきたい事なのですが、今の日本の転職市場というのは、薬剤師に関するもののみならず、その全ての業界において、『転職サイト』がその中心的役割を担っています

そのため、あなたが次の転職を絶対に成功させたいと願うのであれば、まずは「どの転職サイトを使うのが自分にはベストチョイスなのか」ということをしっかりと見極め、そして、「その転職サイトを目一杯活用していく」という事が必要不可欠なのです。

「転職を成功させる」という最終的な目標に照らせば、”本質的” に大切な事というのは、過去の転職回数に関係なく、こうしたポイントをしっかりと押さえていく事だという点をまずは理解しておいて欲しいと思います。

転職を成功させるための流れ

step
1
転職理由を明確にする

・「理想の職場へ転職したい」という想いを強く持ち、自分の「転職理由」を改めて明確にしておく

step
2
転職成功のためのコツを知る

・最も多くの転職関連情報やそのノウハウを有しているのが『転職サイト』

・転職市場の中心的役割を担っているのが『転職サイト』だということを再認識する

・『転職サイト』をしっかりと活用していけるかどうかが勝負の分かれ目

・それぞれの『転職サイト』が持つ特徴・強みを知る

・自分の「転職理由」や「求める条件」に照らし、それを実現してくれる『転職サイト』を見極める

step
3
有効的な転職活動

・希望する転職先への入社に向けてしっかりと対策・準備を行う

・転職サイトのアドバイザー・コンサルタントにしっかりと協力してもらいながら、当初の希望条件を満たす転職先への転職を成功させる

転職経験者たちの転職理由

転職経験のある薬剤師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

次に、転職を複数回経験してきたという背景にある「転職理由」にも目を向けていきたいと思います。

冒頭で、「転職の数だけ理由がある」という言い方をしましたが、転職を目指す際の理由というのも人それぞれ、十人十色です。

そこでまず、それらの理由を解り易い形でパターン化し、それぞれに必要な対策を整理していきたいと思います。

「あなた自身がどのタイプにあてはまるのか」ということを考えながら、読み進めてみてください。

「複数回にわたって転職をしている場合」の背景というのは、以下の様なパターンに分けられます。

複数回転職のパターン

  1. 自ら意図して転職を繰り返している
  2. 職場に恵まれず不本意ながら転職を繰り返さざるを得ない状況に陥っている
  3. やむを得ない外部事情等により結果として転職を繰り返す形となってしまっている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自ら意図した転職

転職経験のある薬剤師が次の転職を成功へ導くために押さえておくべきポイント

まずはじめに、「自ら意図して転職を繰り返している」というパターンです。

これはもはやその人の ”人生観” というか、”価値観” の部分において、”あえて” そういった生き方を選択しているという要素が大きいというケースになろうかとは思いますが、決まった職場での安定した生活を重視するのではなく、その時その時で自分の住みたい街や気に入った場所を拠点とし、数年単位での移動を繰り返しながら生活するという様な形です。

私ファーマンが薬剤師を募集して面接を行う中においても、実際にそうした価値観を持ち、時には海外で過ごしたりもしながら、転々と居住地を変え、仕事もそれに合わせて選んでいるという人と面接を行った経験があります。

比較的若い人が多いかとは思いますが、薬剤師という資格があるという強みの部分を最大限活かしつつ、人生も目いっぱい楽しんで謳歌するという、非常に魅力的な生き方だなと感じたことを覚えています。

また、そういった極端なライフスタイルを送る人でなくとも、特に決まった企業等に固執することなく、「飽きたら次。飽きたら次。」というぐらいの ”軽い感覚” で転職を繰り返している (ということが面接をしていて感じ取れる) ような薬剤師さんというのも実際に存在します。

ただ、こうした生き方をしている薬剤師さんというのは、採用する側からしてみると、やはり少し不安を覚えざるを得ないというのが正直なところでしょう。

生き方としては素晴らしいと感じ、個人的に共感してくれる採用担当者もかなりいるのではないかとは思うものの、基本的に長期・安定的に自社での職責を果たして欲しいと考えている企業側にとって、「採用したとしても、またすぐにどこかへ行きたいと退職してしまうのでは。」と疑いたくなる気持ちも出てきてしまうというのは、ある種当然の反応と言っても良いからです。

したがって、このパターンは少数派ではあるかと思いますが、こうした生き方を選択したいという場合には、期間限定職やアルバイト・パート、派遣等、あまり責任が大きくなり過ぎない形での就業・転職をベースに考えておくと、自分の人生観を犠牲にすることなく、薬剤師としての職も得る事ができ、理想の働き方を実現できるのではないかと思います。

ヒント

自由度の高い働き方をしたい薬剤師さんは、「豊富な雇用形態の求人案件」を多数取り揃えている転職サイトを利用すれば良いでしょう。

さらに、この「自ら意図して」というパターンには、「キャリアチャレンジ」、つまり薬剤師としてキャリアアップを目指す中で、異なる「職種」、例えば「製薬会社の研究職」から「薬局」、「MR」から「病院薬剤師」などというように、新たな道へとキャリアを切り拓いていくケースという場合もあるでしょう。

そうしたケースでは、いずれも「複数回の転職で悩んでいる」というよりは、自発的、能動的に転職を重ねているというタイプになりますので、ネガティブな感覚はほとんど持ち併せていない場合が多いかと思います。

この転職を重ねてきた理由が ”能動的” か ”受動的”か、”ポジティブ” か ”ネガティブ” かという点も、採用する側からすれば非常に大きなポイントとなる所です。

特に後者の「キャリアチャレンジを目指す」といった場合には、その転職先企業や病院等から見ても、勉強熱心・仕事熱心な向上心のある人材と映る可能性も高いと思われますので、転職活動においても、そういったモチベーションの部分をうまくアピールすることができれば、高い評価を得る事ができ、転職を成功させられる可能性も高まるでしょう。

職場に恵まれず

転職経験のある薬剤師が次の転職を成功へ導くために押さえておくべきポイント

次に、過去に1度、もしくは何度かの転職を経験してきてはいるものの、未だ自分が理想とする職場には出会う事ができていないという人です。

これはさらに2つのパターンに分けられ、

  1. そもそも転職活動に臨むための戦略が甘かった
  2. 会社側が変わってしまった

という風にも捉えることができるかと思います。

まず、「転職活動に臨む際の戦略の立て方が甘かった」というパターンですが、転職活動に入る前に自分の転職理由や職場に求める条件の優先順位、何が満たされている職場ならば自分は大きな不満を感じることなく働き続けることができるのかといった部分を明確にすることなく、漠然とした不平・不満で転職をしてしまったという場合に起こりやすい形です。

もちろん、人間関係に悩んで転職したは良いものの、新たな転職先でもまた人間関係に悩まされることになってしまったというように、半分は仕方がないと思われる様な状況で転職回数が重なっているという人もいるかもしれません。

ただ、そういった人には、今一度この流れを確認しておいて欲しいと思います。

転職を成功させるための流れ

step
1
転職理由を明確にする

・「理想の職場へ転職したい」という想いを強く持ち、自分の「転職理由」を改めて明確にしておく

step
2
転職成功のためのコツを知る

・最も多くの転職関連情報やそのノウハウを有しているのが『転職サイト』

・転職市場の中心的役割を担っているのが『転職サイト』だということを再認識する

・『転職サイト』をしっかりと活用していけるかどうかが勝負の分かれ目

・それぞれの『転職サイト』が持つ特徴・強みを知る

・自分の「転職理由」や「求める条件」に照らし、それを実現してくれる『転職サイト』を見極める

step
3
有効的な転職活動

・希望する転職先への入社に向けてしっかりと対策・準備を行う

・転職サイトのアドバイザー・コンサルタントにしっかりと協力してもらいながら、当初の希望条件を満たす転職先への転職を成功させる

そしてもう一つ。

もしもあなたが、「自分が理想とする条件を満たす職場を見つけ出すなんて不可能なのかもしれない。」「やっぱりどこかで妥協は必要。」と、理想の職場に出会う可能性を自ら否定してしまっているとしたら、今一度意識を改めるようにしてください。

繰り返しになりますが、”転職を成功させられるかどうか” というのは、今や ”転職サイトをどれだけうまく活用することができるか” ということにかかっているというのが現実です。

一般的に、理想の職場に求めたい条件というのは、

  • やりがいのある仕事
  • 人間関係が良好
  • 給与水準が高い
  • 憧れの勤務地
  • 建物・設備等の職場環境が充実
  • 通勤が楽
  • 勤務地が住みたい街の近く
  • 勤務時間や休日等の融通がきく

といった所かと思います。

そして、「そんな条件の多くを満たすような職場なんてほとんどない。」と多くの人は決めつけてしまいます。

確かに、全てを完璧に網羅している職場というのは、なかなか見つかるものではないかもしれません。

ただ、それを諦めずに追求すること、そして「優先順位」を明確にしつつも、可能な限り自分が求める条件を満たしている職場を探し出そうと努力することはできるはずです。

この ”「優先順位」を明確にする” という時に大切となるのが、「自己分析」という作業です。

上記の様な完全・完璧に近い職場を見つけ出すために、転職サイトのキャリアアドバイザーの力も借りながら行動を起こしていく一方で、そもそも「自分にとって本当に大切なもの、職場に本当に求めたい条件とは一体何なのか。」という部分を改めて明確化しておくという作業が非常に大切になってくるのです。

「私は本当に職場に恵まれない。」そう考えて、ネガティブに捉えてしまう事は簡単です。

でも、もう一歩だけ踏み込んで、「何が問題なのか」「どうすれば理想に限りなく近い職場を探し当てる事ができるのか」ということを追求してみてください

行動する事でしか、道は切り拓くことはできません。

さあ、今一歩足を踏み出してみましょう。

【薬剤師のための失敗しない転職活動】転職理由を突き詰めよ!はじめが肝心!「始め方」から「転職サイトの使い方」まで

当サイトでは、薬剤師さんが転職を検討する際に知っておくべき様々な情報をご紹介するとともに、特に”転職初心者さん”に向けては、その「進め方」や「考え方」といった”基礎的”な部分についても色々とご紹介をし ...

続きを見る

外部事情等

転職経験のある薬剤師が次の転職を成功へ導くために押さえておくべきポイント

最後に、「外部事情等により、何度も転職せざるを得なかった結果として転職回数が多くなってしまっている」という人です。

この「外部事情」というのは、非常に幅広い理由が考えられますが、一例を挙げるとするならば、「結婚・出産」「育児や親の介護等の家庭の事情」「配偶者の転勤・転居」「災害等やむを得ない事情」などが考えられるかと思います。

薬剤師としてのキャリア形成に強いこだわりを持ち、「私は薬剤師としてこんなキャリアを実現していきたい。」という気概が強い人の場合には、たとえそのような外部事情が発生したとしても、なんとか自分のキャリアを維持していくために「仕事を優先する。」という判断ができるかもしれませんが、そうは言っても、やはり人生いつ何が起こるか解りません。

そんな思わぬ外部環境の変化によって、意図せずして転職を考えざるを得なくなった時、転職先に求める条件というのは、これもまた人それぞれ様々な優先順位が存在するかと思います。

転居を伴う場合であれば、慣れない新天地でも安心して働ける職場環境、そして転居先住居からの物理的な距離、さらには育児や介護等の事情がある場合であれば、通い易さや勤務時間・休日等の柔軟性といった条件が最優先となってくることがほとんどでしょう。

外部環境の変化に伴い転職を繰り返すというのは、本人にとってはある意味で不本意な部分も大きいかとは思いますが、ここでもやはり諦めは禁物です。

ここでのポイントは、あなたが転職先を探す ”地域”、そして希望する ”職種” 等に強い『転職サイト』をうまく利用するということです。

自分が「居心地が良い」と感じられる職場を見つけ出すためにも、しっかりとあなたをサポートしてくれる『転職サイト』を利用するようにしましょう。

【徹底比較】パッと見てわかる!あなたが使うべき薬剤師転職サイトランキング【決定版】

「薬剤師向けの転職サイトってたくさんあるけど、結局どれを選べば良いの?」 「どの転職サイトに登録するか決めたいけど、今ひとつ違いがよく解らない。」 「今使っている転職サイトより、他のサイトの方が良いの ...

続きを見る

実際の転職活動では、まずは基本に忠実に、書類選考での提出書類や面接等の場において、その会社や病院等でしっかりと職責を果たしていきたいという意欲の高さをアピールすべく、対策・準備を万全にしておきます。

そして、そうした姿勢を見せた上で、これまでの転職に関して転職せざるを得なかった「やむを得ない事情」や「背景にある理由」等を丁寧に説明しさえすれば、採用担当者があなたに対してネガティブな印象を持ってしまうということはまずないでしょう。

これまでに何度かの転職を経てきた候補者であったとしても、客観的に見て納得できる理由によるものだと解りさえすれば、転職回数の多さだけをもって採用を拒絶する理由とはなり得ません。

もしもあなたが、そもそも企業側が求める人物像や採用の条件(勤務時間や職歴など) とあまりにも遠くかけ離れた状態であるならば、そうした外部事情等には関係なく、入社は難しいという判断になっていたというだけのことです。

これは転職活動の時点で既に、いわゆる ”ミスマッチ” が明らかになっているという状態とも言えますので、背景事情等に関係なく、今のあなたには合わない職場であったと考える方が自然です。

ただ、逆説的ではありますが、転職を希望する企業および病院等に、「そうした事情を考慮しても欲しい人材だ。」と思わせることができさえすれば、あなたが求める条件を満たす転職先を見つけ出せる可能性も高まってきます

最後にもう一度確認しておきます。

転職回数が2回以上となる薬剤師さんが、次の転職を成功させるための鍵は、

自分が重視する条件を備えた職場環境がある企業や医療施設等を探すことに長けた転職サイトをうまく活用する

ということです。

各転職サイトにもそれぞれの特徴や強みが存在します。それらの特徴とあなたの希望する条件をしっかりとすり合わせた上で、信頼のおけるパートナーとなるべき転職サイトを見極め、使いこなしていってもらえればと思います。

【保存版】おすすめの薬剤師転職サイト【転職理由別・希望職種別】選び方
【保存版】おすすめの薬剤師転職サイト【転職理由別・希望職種別】選び方

転職を考える際、今やほとんどの人が利用する『転職サイト』。 ただ、この転職サイトというのは、転職に関する情報収集ができたり、実際の転職活動に際して様々な形でサポートを受けられるなど、本当にありがたい・ ...

続きを見る

転職回数の多さは不利なのか

転職経験のある薬剤師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

転職回数が重なってくると誰しもが感じる不安、それが「転職回数が多いと、先方にはやはりネガティブな印象に映ってしまうものなのか。」という部分ではないかと思います。

この問いに対する正しい回答は、採用担当者側の正直な感覚としては、

「中身次第」

という事になってこようかと思います。

よくよく冷静に考えてみれば、このことは誰でもすぐに理解ができるはずです。

例えば、同じく3回転職を重ねてきたAさんとBさんがいたとして、

  • Aさん:(災害や家庭の事情など) やむを得ない事情があった上にキャリアチャレンジが重なった結果としてそうなっている
  • Bさん:(面接で話を聴いていると) 職務怠慢や気分的なもの、度重なる人間関係の問題や明確には説明ができないような曖昧な理由などでそうなっている

という場合、採用する側の立場として、どちらの候補者の方が安心感があるかということは、火を見るよりも明らかです。(もちろん、誰もがAさんを採用したいと思うでしょう。)

つまり、転職の回数そのものが、そのまま直接的に採用判断の有利・不利に影響を与えるとは考えなくても良いという事です。

以上、ここまで説明をしてきた通り、客観的に納得のいく理由ややむを得ない事情等があり、それを転職活動の選考過程の場でしっかりと伝えられてさえいれば、転職回数のことだけでいくつもの候補先企業から断りを受けてしまうという様な事態は起こるはずがない、ということが解っていただけたかと思います。

裏を返せば、転職回数は少なくとも、その中身があまり印象の良くないものであった場合には、やはり採用する側としては躊躇してしまうというのが本音だということです。

ただもし仮に、ネガティブな印象を与えかねない退職理由で転職した経験があるといった場合であっても、それを選考過程においてどこまでつまびらかにする必要があるのか、はたまた、どのような伝え方をすればあまりネガティブな印象を持たれずに済むのかという部分の判断も難しいというのが正直なところではないかと思います。

その辺りの転職回数の多さに対する不安や悩みに関しては、その詳細を以下の記事にまとめていますので、気になる方は併せて確認してみていただければと思います。

転職回数が2回以上ある薬剤師は不利!?真実と対策|他薬剤師の状況も
転職回数が2回以上ある薬剤師は不利!?真実と対策|他薬剤師の状況も

転職回数が2回、3回、場合によっては4回目、5回目と重なってくるにつれ、心配になるのが、 「転職回数が多いと、やっぱり会社側からは印象が悪いのかな。」 「何回も転職を繰り返していると、どんどん転職に不 ...

続きを見る

次の転職が2回目以上となる薬剤師さんに読んでもらいたい

転職経験のある薬剤師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

以上の様に、当サイトでは、初めての転職を目指す薬剤師さんはもちろんのこと、次の転職が2回目、3回目、あるいはそれ以上というような薬剤師さんにも役立つ記事をたくさんご用意しています。

最後に、転職回数を重ねて来た薬剤師さんのお役に立ちそうな記事をいくつかまとめてご紹介しておきたいと思いますので、気になる記事からチェックしてもらえればと思います。

それでは、引き続きごゆっくりどうぞ。

【薬剤師のための失敗しない転職活動】転職理由を突き詰めよ!はじめが肝心!「始め方」から「転職サイトの使い方」まで

当サイトでは、薬剤師さんが転職を検討する際に知っておくべき様々な情報をご紹介するとともに、特に”転職初心者さん”に向けては、その「進め方」や「考え方」といった”基礎的”な部分についても色々とご紹介をし ...

続きを見る

初めて転職する薬剤師に贈る!転職に失敗しないための『5つのアドバイス』
転職希望の全薬剤師に贈る!転職に失敗しないための『5つのアドバイス』

薬剤師の皆さん、こんにちは。 当サイトでは、薬剤師さんが転職をする際に気になるポイントについて色々とご紹介していますが、 『【薬剤師のための失敗しない転職活動】転職理由を突き詰めよ!はじめが肝心!「始 ...

続きを見る

【徹底比較】パッと見てわかる!あなたが使うべき薬剤師転職サイトランキング【決定版】

「薬剤師向けの転職サイトってたくさんあるけど、結局どれを選べば良いの?」 「どの転職サイトに登録するか決めたいけど、今ひとつ違いがよく解らない。」 「今使っている転職サイトより、他のサイトの方が良いの ...

続きを見る

【薬剤師の転職完全マニュアル】情報収集・履歴書・面接で求められるもの『転職活動の手引き』

転職を目指す薬剤師の皆さん、転職活動は順調に進んでいますか? 実際に転職活動を進めていく中で、その方法や判断基準などに迷いが生じてしまったり、解決策が見当たらないといった壁にぶつかってしまったりしてい ...

続きを見る

【都道府県別】薬剤師調査|就業先や年収など就職・転職時に気になるデータ比較
【都道府県別】薬剤師調査|就業先や年収など就職・転職時に気になるデータ比較

薬剤師が働く”地域”は、大きく分けて5つ、 地元地域 (自分が長く生活してきた慣れ親しんだ場所) 出身大学の周辺地域 (地元地域から離れた場所) 就職・転職に伴って赴く新天地 配偶者の転勤など家庭の事 ...

続きを見る

最後までご覧いただき、ありがとうございました。この記事が役に立ったと思ったら、下記リンクより是非シェアもよろしくお願いします!

シェアしていただいた方、ありがとうございました!

© 2022 薬剤師転職の味方・ファーマン