転職サイト選び

【徹底比較】パッと見てわかる!あなたが使うべき薬剤師転職サイトランキング【決定版】

「薬剤師向けの転職サイトってたくさんあるけど、結局どれを選べば良いの?」

「どの転職サイトに登録するか決めたいけど、今ひとつ違いがよく解らない。」

「今使っている転職サイトより、他のサイトの方が良いのかな。」

そんな風にして転職サイト選びで悩んでいる薬剤師のあなた。

安心してください。

「”あなたに適した” 転職サイトへの登録」という、転職成功へ向けた大切な第一歩を踏み出すために必要な情報は、全て今回の記事の中に用意してあります。

今夜あなたは、「あなたが ”使うべき” 転職サイト」 への登録を完了することができるでしょう。

いえ、むしろ是非「今日中にどの転職サイトに登録するかを決めて、登録完了までやり切ってしまおう!」という気持ちで目を通してみるようにしてください。

正しい転職サイト選びというのは、実は簡単、非常にシンプルです。

その見極めポイントは、

自分が ”理想の職場を手に入れる” ための転職活動、つまり ”転職を成功させる” ために必要な要素を兼ね備えた転職サイトはどれなのか、各転職サイトが持つ ”特性” や ”強み” を知ることで、最も力になってくれそうなサイトを選ぶ

ということです。

  • 土地勘のない場所での転職活動なら、地域に根ざした求人情報を有している転職サイト
  • 転職先における人間関係の問題や仕事具合などが気になるのであれば、そうした部分も含めた情報収集能力に長けた、そして人間関係の悩みなども相談できるような優秀なコンサルタントを揃えた転職サイト
  • 転職時に求めたい ”こだわり条件” がたくさんあるという場合には、相手先企業との交渉を得意とする転職サイト

それぞれ選択市、登録しておけば良いのです。

今回の記事を見ていただければ、それができるようになります。

あなたにはどの転職サイトが最も適しているのか、あなたはどの転職サイトを利用すべきなのか、はっきりと解るようになるわけです。

今回は、ファーマンが自信を持っておすすめできる代表的な薬剤師向け転職サイトについて、それぞれの特性をご紹介し、どのサイトを選べばあなたが本当に受けたいサポートを受けることができ、転職成功への近道を進んでいくことができるのか、そこが ”パッと見て明確になる” ように、解りやすくお示ししていきます。

今日、必ず一歩、踏み出しましょう!

あなたが理想の職場を手にする瞬間は、ここから始まります!

それではさっそく見ていくことにしましょう。

 

転職活動は「”複数の”転職サイト」を比較しながら使い倒すのが鉄則!

「転職サイト」を利用して転職活動をするのであれば、絶対に ”複数の” 転職サイトに登録しておくようにしましょう。その理由は大きく2つ。

理由【 その 1 】

1つの転職サイトのみの利用だと、専任コンサルタント・キャリアアドバイザーとの相性やその人の能力を判断できないから

複数の転職サイトを利用していれば、「他社の担当者はここまでやってくれるのに。」とか、「サイトAの担当者は親身になって色々と相談に乗ってくれるけど、サイトBのアドバイザーは対応が悪く、やっぱりサイトAの担当者は優秀なんだな。」というように、その人の良い所や悪い所が比較検討できるようになります。また、1つより2つ、2つより3つのサイトと、なるべく幅広く転職サイトを活用することで、純粋に良い担当者に巡り会える確率が上がるというのも大きな理由として挙げられるでしょう。あなたの転職の成否を決める最大の要素と言っても過言ではない「キャリアアドバイザーの質」を、自分でしっかりと担保できるようにしておくためにも、複数登録は絶対にしておくべき対策と言えるのです。

理由【 その 2 】

単純に幅広い求人情報に触れる事ができるから

当然のことながら、それぞれの転職サイトごとに扱っている求人情報というのは異なります。「調剤薬局a社は、転職サイトAでは紹介されていないのに、転職サイトBでは取扱いがある。」、「大手病院でもなく、頻繁に求人を出している様子もなさそうな自宅近くの働きたい病院bが、転職サイトCにのみ求人を出している。」といったことが起こり得ます。そうなると、転職サイトAにだけ登録している薬剤師さんが調剤薬局a社へ転職する機会を見出せなかったり、転職サイトCに登録していない薬剤師さんがそもそも病院bの求人の存在に気付くことすらできなかったりという事態が発生してしまうのです。したがって、自分が行きたい転職先に転職するチャンスをみすみす見逃してしまわないためにも、そして、なるべく幅広い選択肢から最善の場所を見つけ出せる環境を整えておくためにも、絶対に複数サイトへの登録を済ませておくようにしましょう。

このような理由から、【 2~3サイト以上】の転職サイトを選んで登録しておくことが ”鉄則” です。各サイトとも約1分ほどの簡単な項目を入力するだけで登録できますし、もちろん全て「完全無料」で利用できて安心です。

総合ランキング

第1位【 ファルマスタッフ 】

  • 業界でも有数の拠点数を誇り地方での転職にも手厚いサポート
  • 候補先企業との関係構築への取り組みを武器に好条件求人多数
  • 転職活動をしながらもスキルアップを図ることができる研修制度

『ファルマスタッフ』を詳しくみる

今すぐ登録!公式サイトへ

 

第2位【 マイナビ薬剤師 】

  • 主要な転職サイトの中でも利用者から突出して高い評価
  • 数々の転職支援実績を誇る㈱マイナビの豊富なノウハウ
  • 全国津々浦々まで充実した手厚いサポートが受けられる支援体制

『マイナビ薬剤師』を詳しくみる

今すぐ登録!公式サイトへ

 

第3位【 薬キャリ 】

  • ママ薬剤師や家庭の事情等により条件のつく転職にも積極的に対応
  • 病院および調剤薬局とのネットワークの広さ・深さは業界随一
  • 全国の薬剤師さんたちの事例をもとに転職失敗のリスクを極小化

『薬キャリ』を詳しくみる

今すぐ登録!公式サイトへ

 

第4位【 リクナビ薬剤師 】

  • 最短3日!を謳うスピード感のある転職活動に定評
  • 登録して初めて触れられる未公開求人に好条件案件多数
  • 言わずと知れたリクルートグループの転職ノウハウを存分に活用

『リクナブ薬剤師』を詳しくみる

今すぐ登録!公式サイトへ

 

第5位【 ファーマキャリア 】

  • 転職時に求めたいあなたの”こだわりの条件”にも積極的に対応
  • 少数精鋭の経験豊富なコンサルタントたちが密接なフォロー
  • ”一刻も早く”という要望にも対応可能なレスポンススピードの速さ

『ファーマキャリア』を詳しくみる

今すぐ登録!公式サイトへ

 

実績と利用者の評価

過去にどれだけ多くの薬剤師さんたちの転職をサポートしてきたのかという実績と、そうした実績を背景にした「薬剤師の転職市場」という業界における存在感の大きさ、そして何より大切な、実際の利用者さんたち、すなわちそれらの転職サイトを利用した薬剤師さんたちの声をもとにした集計結果です。

第1位 マイナビ薬剤師

第2位 薬キャリ

第3位 リクナビ薬剤師

【 結論 】

実績と評価をもとに転職サイトを選ぶなら、『マイナビ薬剤師』や『薬キャリ』がおすすめ

ポイント ①

転職・求人情報の充実度からサポート体制、そして地方での転職活動時におけるアドバイザーからのフォローの安心感など、転職活動を支えてくれる ”伴走者” として、過去に利用してきた薬剤師さんたちからの評価が総合的に最も高い転職サイト、それが『マイナビ薬剤師』です。「安心感を持って、転職活動を進めていきたい。」そんな人は、マイナビ薬剤師を利用しておけば間違いないでしょう。

ポイント ②

病院および調剤薬局、そして製薬会社への転職を目指す人から特に評価が高いのが『薬キャリ』です。運営会社の本業が、”医療従事者への情報提供を目的としたインターネットサービス” だということもあり、そこで培ったコネクションやネットワークがフルに活かされているため、そうした業界への転職を目指す薬剤師さんから非常に人気が高くなっています。また、”ママ薬剤師” 向けに特化した情報提供やフォロー体制も充実させており、子育てとの両立を考えての転職を目指すお母さんたちからの評価が高いのも薬キャリの特徴です。

ポイント ③

言わずと知れた「リクナビグループ」。日本の転職市場を支えてきた ”立役者” と言っても過言ではないぐらい、誰もが一度は耳にしたことがある転職業界の雄、リクナビが運営する薬剤師専門の転職サイトというだけあり、その長年蓄積されてきたノウハウを存分に活用し、登録者の転職を成功へと導いてくれる頼もしい存在、それが『リクナビ薬剤師』です。キャリアアドバイザーの評価の高さや、スピード感を高く評価する声も多数ありますので、「過去の薬剤師さんたちの転職事例なども踏まえて、無駄のない活動、失敗しない転職を成し遂げたい。」そんな人は、リクナビ薬剤師がベストと言えるでしょう。

 

専任アドバイザーのレベル

転職サイトを利用するという事は、どういう事か。それは、登録した転職サイトの「キャリアアドバイザー」や「コンサルタント」と呼ばれる、あなたの担当者と連携をしながら、転職先の候補を絞り込んでいくという事を意味します。もちろん、実際の選考過程においては、面接等の場において、自分自身の言葉でその考え方や意気込みを語っていく必要があるわけですが、今や ”至れり尽くせリ” のサポート体制が用意されている転職サイトも珍しくはありません。そんな、ファーマンとしては転職活動の成否を決める最も大切な要素として捉えるべきだとも思っている「アドバイザーの ”質” 」についての評価です。

第1位 マイナビ薬剤師

第2位 リクナビ薬剤師

第3位 ファーマキャリア

【 結論 】

あなたをサポートしてくれる「キャリアアドバイザー」の質の高さで選ぶなら、『マイナビ薬剤師』や『リクナビ薬剤師』がおすすめ

ポイント ①

転職条件の相談から転職先候補の絞り込み、選考過程での履歴書等の添削から面談対応のための練習、そして入社判断に関わる最後の条件交渉等にいたるまで、まさに ”至れり尽くせリ”で対応してくれるのが、『マイナビ薬剤師』のキャリアアドバイザーの特徴です。さらにマイナビ薬剤師では、キャリアアドバイザーと ”会って話せる” という安心感にもこだわりを貫いており、希望に応じて、直接会って様々な相談をすることが可能です。「一人での転職活動が不安。」そんな方には、間違いなく頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。

ポイント ②

転職を決断するということは、人生に何かしらの転機が訪れた、もしくは、心理状況に変化が出てきた、ということがほとんどかと思います。もちろん、ハラスメント等により、やむを得ず転職を考えざるを得ないというような場合もあるでしょうが、それも含めて、この ”人生のターニングポイント” とも言うべきタイミングで非常に大切になってくるのが、その先をも見据えた人生のビジョンです。その点、『リクナビ薬剤師』のキャリアアドバイザーは、その人の人生観にまで寄り添い、親身になって考えるという姿勢を大切にしています。漠然とした感覚であったとしても、人生の何かを変えたいと感じたら、リクナビ薬剤師に相談すれば何か大きなヒントがもらえるかもしれません。

ポイント ③

マイナビやリクナビと比べてしまえば、そのネームバリューに差はあるものの、こと ”コンサルタントの質” という面に関しては、非常に高いレベルを誇っているのが『ファーマキャリア』です。それもそのはず、ファーマキャリアのコンサルタントたちは、大手人材紹介会社でも優秀な成績をおさめていた少数精鋭のメンバーを中心に構成されているからです。これまで数多くの薬剤師さんたちの様々なケースに対応し、転職を成功に導くために力を発揮してきた業界屈指のコンサルタントのサポートを受けてみたいという人は、ファーマキャリアを選んでおけば大丈夫です。

 

地域網羅性

全国に30万人超と言われる薬剤師(登録者ベース)。その分布状況はと言えば、当然、都市部のみならず各都道府県の様々なな地域にまたがっているわけですが、そんな全国各地の薬剤師さんたちが転職を検討し、転職サイトの利用を模索する時、とても切実な問題である、「どれだけ幅広い範囲の地域でサポート体制を敷いてくれている転職サイトなのか」、そして、全国津々浦々まで同じ水準でのフォローシステムを構築できているかどうか」、そういった部分を「地域網羅性」として評価します。

第1位 マイナビ薬剤師

第2位 ファルマスタッフ

第3位 薬キャリ

【 結論 】

全国どこでも充実したサポートを受けられる転職サイトなら、『マイナビ薬剤師』や『ファルマスタッフ』がおすすめ

ポイント ①

全国に【15拠点】。これは、『マイナビ薬剤師』がサービスを展開している拠点の数ですが、これを見て多いと感じるでしょうか、それとも少ないと感じるでしょうか。実はこの拠点数は、薬剤師専門の転職サイトのサポート拠点数としては、最大となるものです。さらにマイナビ薬剤師では、”会える”、”話せる” という点にこだわりを持ち、全国津々浦々の薬剤師さんまで、顔と顔を突き合わせてのパートナーシップが構築できるのです。電話とメールのみによる対応という転職サイトが大多数である中で、地方においてもしっかりとした信頼関係を構築した上で転職活動を進めていける、それがマイナビ薬剤師です。

ポイント ②

都市部のみならず、全国各地の隅々まで求人情報やその背景にある職場の雰囲気、仕事環境や企業文化に至るまで情報収集を行い、地域密着の姿勢を貫いている転職サイト、それが『ファルマスタッフ』です。その拠点数は、全国に【12拠点】。北は北海道、南は九州まで、転職に向けて漠然とした不安を抱えた薬剤師さんや、地方でも安心して相談できる相手を見つけたいと願う薬剤師さんの強い味方となってくれ、全国どこでも希望地域の魅力的な求人情報を届けてくれる心強いパートナーと出会いたいのであれば、ファルマスタッフを利用すれば大丈夫です。

ポイント ③

日頃から地域に根ざした転職支援活動を展開し、情報収集にバックアップ体制の整備と、総合力に勝る転職サイトは数あれど、それが ”全国どこでも” となると、実現できている転職サイトはそうはありません。そんな中、自社のノウハウにプラスして、地域に根ざしたエージェントと提携することで網羅性をしっかりと担保している転職サイトが、『薬キャリ』です。全国各地で選りすぐりの地元転職支援企業と手を組み、質を落とすことなく転職支援サービスを提供できる体制を構築しています。さらに、本業の強みを活かした全国各地の医療機関や薬局等とのネットワークも共有化することで、地方の薬剤師さんの不安の声に全力で答えてくれる、それが『薬キャリ』です。

 

情報量

どれだけ優秀なコンサルタントがいて、万全の支援体制を敷いていたとしても、そこに魅力的な求人情報がないとなれば、それは ”仏造って魂入れず” となってしまいます。転職の候補先となる企業や医療施設の情報をどれだけ持っているか、ひいては、理想の職場を見つけたいと願う薬剤師さんの希望に応えられる案件をどれだけ用意することができるのか、その「情報量」を評価します。

第1位 マイナビ薬剤師

第2位 ファルマスタッフ

第3位 リクナビ薬剤師

【 結論 】

より多くの選択肢を提示してくれる転職サイトなら、『マイナビ薬剤師』や『ファルマスタッフ』がおすすめ

ポイント ①

これはもう非常に解り易い形で数字にそのまま表れます。求人案件数をどれだけ多く持っているか、それが答えです。転職サイトごとに、そのネームバリューによって企業側から求人掲載を依頼されることが多いのか、それと並行してしっかりと地方の地域に関しても調査・営業等を行って取扱い件数を伸ばしているのかといった違いはあれど、最終的には件数という結果がはっきりと出てきます。この3サイトは特に取扱件数の多いサイトになります。「より多くの選択肢から選びたい。」そんな人は、やはり「より多くの情報を有している転職サイトに登録をする」ということを優先すべきでしょう。

ポイント ②

”求人件数” という切り口に関しては、少し例外が存在しています。上記3サイト以外に、『ファーマキャリア』だけは少し特殊な例として挙げておきたいと思います。それは、「オーダーメイド求人」と呼ばれるものです。詳しくは、当サイトのファーマキャリアの詳しい解説ページ及び本サイトに譲りたいとは思いますが、簡単に言ってしまえば、「あなたの要望に沿った求人をつくってきます。」というもので、そこには求人件数には現れてこない凄みというものが存在しています。「細かな条件まで妥協はできない。」そんな人はファーマキャリアも検討してみられても良いかもしれません。

ポイント ③

さらにもう一つだけ例外を。「情報量」という観点で、もう一点だけ触れておきたいのが、求人情報の取扱件数という部分以外での情報に関する評価です。転職サイト間の競争が激しさを増す中で、各社、自社のサービスを利用してもらうために、薬剤師さんたちに魅力的なコンテンツ等を用意しているわけですが、中でも「薬剤師としてのスキルアップのための情報」や「ママ薬剤師など特定の分野に特化した情報」、そして、転職市場全般で得て蓄積されてきた「膨大なノウハウ」といったものも ”情報” であると捉えることも可能です。「転職活動を通じて、薬剤師として成長もしていきたい。」「ママ薬剤師として共感してほしい部分がある。」そんな方は、そうした部分にも応えてくれる転職サイトに登録しておくというのも良いのではないかと思います。

  • 充実した研修制度が受講可能 → ファルマスタッフ
  • ママ薬剤師特化情報あり → 薬キャリ

 

スピード感

「こんな職場から早く逃げ出したい!」「こんな仕事すぐにでも辞めてしまいたい!」、そうした切迫した環境、切実な理由がある方はもちろん、「なるべく早く次を見つけたい。」そんな漠然とした方まで、「”早く”転職したい 」というニーズは一定数あるものです。ここでは、どれだけ早く優良案件を提示してくれ、どれだけ早く手続きを進めていってくれるのか、その ”スピード感” を評価します

第1位 リクナビ薬剤師

第2位 ファーマキャリア

第3位 ファルマスタッフ

【 結論 】

”できるだけ早く!” 転職したいなら、『リクナビ薬剤師』や『ファーマキャリア』がおすすめ

ポイント ①

登録者に対応する「スピード感」というものは、その会社(各転職サイト) の風土やポリシーに大きく関係してくる部分です。もちろん、各アドバイザーの個人の能力、仕事の処理スピードといった要素に依存する部分もあるものの、本当にスピード感のある対応が必要とされる時、日頃からその感覚が染み付いていなければ対応しきれません。最悪の場合には、慣れないスピード感での処理等が重なり、何かとミスや手違いが起こってしまうことで、むしろ時間を要してしまうということも考えられるわけです。その点、『リクナビ薬剤師』なら、「最短3日!」を謳うスピード感重視の対応も売りとしていますので、安心して「早く!」を求めていくことが可能です。

ポイント ②

『リクナビ薬剤師』と『ファーマキャリア』、”スピード” を武器としている転職サイトというのは、大手の中ではこの2社だけです。上記でもお伝えしたとおり、対応の速さや仕事の処理スピードといったものは、いわばそのアドバイザーや会社の持つ ”技術” です。スピード感を意識していない他の業者が、同じレベルのことを求められたとしても、そう安々と真似できるようなものではないのです。日頃から、応対の速さ、スムーズな手続きを心掛けている『リクナビ薬剤師』や『ファーマキャリア』なら、スピード対応のノウハウを活かして、あなたの希望を叶えてくれることでしょう。

ポイント ③

地方での転職活動において、都市部にしかサポート拠点がない、または普段から各地域の幅広い範囲に渡って情報収集を行っていないという転職サイトだと、なかなか素早いレスポンスが難しくなってしまう場合も多いでしょう。つまり、日頃から積極的にこまめな情報収集活動を行っている転職サイトであれば、ニーズに合致した案件がふいに出てくるということもあるわけですし、日頃耳にする情報の中から、あの案件が近いから求人を出されている広告主企業に話してみようという発想が浮かんでくるわけです。そういった意味では、『ファルマスタッフ』では、各地域における地道な情報収集に力を入れていますので、期待できる部分は大きいかと思われます。

 

ママ薬剤師

”女は弱し、されど母は強し”。その昔、フランスの文豪が言ったとされる言葉です。”女は弱い”という前提条件がどうかと思う部分は置いておいて、さりとて、家事・育児と仕事を両立していくということは生半可なものではありません。そうした環境にあっても、勤務地や勤務日数・勤務時間の柔軟性など、しっかりとライフワークバランスを確保した働き方のできる転職先を紹介してもらうことができそうかという、 ”ママ薬剤師の味方度” について評価します。

第1位 薬キャリ

第2位 マイナビ薬剤師

第3位 ファーマキャリア

【 結論 】

ママ薬剤師の強い味方となってくれる転職サイトなら、『薬キャリ』や『マイナビ薬剤師』がおすすめ

ポイント ①

会社として、本腰を入れて「”ママ薬剤師”の支援に取り組んでいる」、それが『薬キャリ』です。薬キャリを利用することで、ママ薬剤師に特化した様々な情報を受け取れるだけでなく、ママだからこそ叶えてほしい細かな条件や要望にもしっかりと応えてくれる転職候補先の紹介を受けることが可能になります。「母になり、仕事を続けながらも、家庭での時間を大切にしたい。」そんな薬剤師さんは是非薬キャリを利用してみてください。

ポイント ②

「そもそも取り扱っている件数が多い。」という点も、ママ薬剤師の細かな要望に応えてくれる転職先を提案してくれる可能性の高さという点においては、力になってくれそうな転職サイトであると言えるでしょう。『情報量』の章でも取り上げましたが、『マイナビ薬剤師』や『ファルマスタッフ』といった、取扱求人案件数が非常に多い転職サイトであれば、もしもあなたが、一見両立が難しそうな条件をいくつか提示したとしても、それに沿ったものを見つけ出してくれるかもしれません。

ポイント ③

「ママ薬剤師」の特徴についてもっと具体的に考えてみると、「子育てや家庭環境」と「仕事」との両立を目指す中で、働く事に何かしらの成約が出てきてしまうという点にあるかと思います。つまり、「こちら側 (ママ薬剤師であるあなた) の要望を聴き入れてくれて、それを満たす転職先を全力で探し、見つけ出す、そして時には相手先に交渉してくれる。」そんな姿勢を持った転職サイトであれば、ママ薬剤師さんの理想の職場を見つけられる確率がグッと上がってくるということになってきます。そういう意味では、”会う・話す” にこだわる『マイナビ薬剤師』や、”オーダーメイド” で求人を ”つくって” くれる『ファーマキャリア』も、心強いパートナーとなってくれる可能性大です。

 

職種・雇用形態の豊富さ

”薬剤師” と一言で言っても、皆さんも重々ご承知の通り、その職種や勤務形態には様々なものが存在します。「新卒でなりたかった職種に就けなかった。」「仕事をする中で新たに挑戦してみたい面白そうな職種(や業界) が見つかった。」「生活環境が変わり、雇用形態を変えて働きたい。」などなど、動機はいろいろとあるかとは思いますが、そんな思いが芽生えた時、その ”なりたい職種(や雇用形態) の求人” を扱っている転職サイト、また、効率よくその職へとたどり着くための道を示してくれる転職サイトがどれなのか知りたい所ですよね。ここではその「職種や雇用形態の豊富さ」を評価します。

第1位 マイナビ薬剤師

第2位 ファルマスタッフ

第3位 薬キャリ

【 結論 】

職種や雇用形態に譲れない条件がある時に活躍してくれる転職サイトなら、『マイナビ薬剤師』や『ファルマスタッフ』がおすすめ

ポイント ①

基本的な ”取扱職種” や ”業界” が、病院や調剤薬局、そしてドラッグストアといった分野に限られる転職サイトが多い中、サイト上の検索の時点でも、臨床開発や治験分野、学術系に至るまで幅広い求人を紹介しているのが『マイナビ薬剤師』です。マイナビ薬剤師なら、あまり目にすることの少ない職種への転職といったことも実現できる可能性が高まりますので、少し代わった職種を目指したいという方は、一度マイナビ薬剤師に登録し、相談してみられることをおすすめします。

ポイント ②

子育てや介護、その他家庭の事情等により、日数や時間に成約がある中でも、薬剤師としてしっかりと働いていきたいという要望を持って転職を目指す薬剤師さんは意外と多いものです。そして、そのような場合に選択肢として上がってくるのが、正社員ではなくパートや派遣として働くという道です。転職サイトによっては派遣といった区分での取扱いのないサイトもある中で、『ファルマスタッフ』や『薬キャリ』では、派遣の案件も豊富に取り扱っています。柔軟な働き方を目指したい方は、こうしたサイトを利用するのが最も近道と言えるかもしれません。

ポイント ③

珍しい職種や特殊な仕事の場合には、その仕事が存在する企業とのコネクションを持った転職サイトでなければ、求人情報を取り扱うことすら難しいということになってきますので、『マイナビ薬剤師』などの強いパイプを持つサイトを利用するのが最良の手段となるわけですが、「働き方を変えたい。」、つまり雇用形態で柔軟な勤務日数や勤務時間を実現したいといった場合には、転職候補先企業との交渉力に優れた転職サイトであれば、それをあなたに成り代わって勝ち取ってきてくれる可能性も出てきます。そう考えた時に頼りになりそうなのが、やはり交渉力も武器としている『マイナビ薬剤師』や『ファーマキャリア』といったサイトです。細かな条件を求めたい場合には、一度登録して相談してみるのがおすすめです。

 

 

まとめ

以上、今回は転職を目指す薬剤師さんが本当に使うべき転職サイトはどれなのか、その見極めができるよう、各サイトの特徴についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

あなたの希望を叶えてくれそうな転職サイトを見つけ、無事に登録を済ませることができたでしょうか。

まだ漠然と転職を考え始めただけだという人も、今回の記事を読んで「私の場合はこの転職サイトが良さそうだな。」ということをイメージできる様になってもらえれば幸いです。

転職サイトというのは、なにも「転職を ”決意してから” 登録をするもの」というわけではありません

なんとなく転職を考え始めた段階であったとしても、予習や情報収集の目的で利用しても全く問題はないのです。

転職サイト側も、「登録があれば今すぐにでも転職を希望している。」という前提で登録者さんたちを見ているわけではありませんし、少しでも多くの薬剤師さんに利用してもらえるように、転職関連情報のみならず薬剤師業務向けの様々なお役立ちコンテンツを用意してくれています。

したがって気負いすることなく、興味本位でも構いませんので、安心して登録、そして利用してみるようにしましょう。

今回の記事が、少しでもあなたの転職活動のお役に立てることを願っています。

それでは、また。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。この記事が役に立ったと思ったら、下記リンクより是非シェアもよろしくお願いします!

シェアしていただいた方、ありがとうございました!

© 2022 薬剤師転職の味方・ファーマン